935 名前:起承転結も何もない掌編1[sage] 投稿日:2008/06/04(水) 17:55:41 ID:???
「ん、どうしたの、アスカ?」
アスカがお気に入りのクッションを胸に掻き抱きながらダイニングに入ってくる。
「……眠れないのよね……。」
宿題をするシンジの向かいに座るアスカ。シンジはおもむろに立ち上がると「ホットミルク飲む?」と言ってシンクへ。
冷蔵庫から出された牛乳が、アスカのマグに注がれて電子レンジの中で回る。
その間、アスカは膝を丸めて、クッションに顎を乗せながらこっくりこっくりと揺れていた。
「何の宿題?」
シンジは「数学。」と少し顔を擡げて答える。
やがてチンッと電子レンジが鳴る。シンジが可愛らしいおさるの描かれたマグをアスカに手渡す。
「ありがと。」
「どういたしまして。」
宿題に戻るシンジ。
ちびちびと、少しずつ乳脂肪の浮いた牛乳を飲むアスカ。
シンジのシャーペンがカリカリと音を立てる。
「自分の部屋でやればいいのに。」
「あそこはなんだか狭くて落ち着かないんだよ。」


936 名前:起承転結も何もない掌編2[sage] 投稿日:2008/06/04(水) 17:57:03 ID:???

ノートのページが捲られる。
シャーペンの頭でうなじ辺りをこりこりと掻く。しばらく悩んだかと思うと、すぐにペンは順調に滑る。

しばらくアスカはそれを見ていたが、やがてやっと眠くなったのか、マグをシンクに置いてダイニングを出ていく。
「……アスカ。」
「ん……。」
呼び止めるシンジ。顔は赤く、ペンは走っていないが、瞳はノートを見ている。
「……好きだよ。」
「あたしもよ……。」
アスカは軽く微笑んで、自室に戻って行った。

終わり!


……ってなんだこれ?


959 名前:起承転結も何もない掌編1[sage] 投稿日:2008/06/09(月) 16:31:09 ID:???
もひとつ書いてみた

NO.2
真夜中のメロディ


漂うメロディ。
拙く聴こえるそれは、月明かりの射す暗闇に消えていく。
アスカはベランダに横座りになり、瞳を閉じながらハーモニカを口許で動かす。

演奏が終わると、アスカは目元の滴を拭った。


「今のって、ドイツの子守唄?」
背後からの声に、アスカは吃驚してハーモニカを落としかける。
「な、なによっ、急に声掛けないでよ!」
「ご、ごめん……。」
とっさに謝るシンジ。最早手慣れたものだ。
「こんな所で何してるの?」


960 名前:起承転結も何もない掌編2[sage] 投稿日:2008/06/09(月) 16:32:42 ID:???

所在無さげに窓枠に手をかけていたシンジだったが、アスカがそれを見かねて座らせた。
「何って……何なのよ……。」
アスカは曖昧に答える。死んだ母を想っていたなどとはとても言えはしない。
「……そう。」
アスカは頬杖を突いて夜空を見上げた。
そこには、地軸の歪みのお陰で南国の星座が浮かんで見える。
「綺麗だね……。」
ボソリとシンジが呟いた。
「そうね……。」
御座なりにアスカは応える。

「ねえ、聴かせてよ。」
アスカは、それがハーモニカの事を言っているとは、すぐに気が付けなかった。
「もしかして、ハーモニカ?」
頷くシンジ。
「だって、僕のチェロだって聴いたじゃないか。」


961 名前:起承転結も何もない掌編3[sage] 投稿日:2008/06/09(月) 16:33:50 ID:???

『あれは不可抗力よ!』と悪態を吐きかけるが、アスカは止めた。
聴いたことは事実だし、拍手だってしてしまった。エピソードに罵倒はしたが。

「いいわよ。聴かせてあげる。」
「…………へぇ……。」
吹きかけて、アスカは止めた。
『…………へぇ……。』ってどういう事よ!
「なによその反応は……。」
慌てて手を振るシンジ。
「別になんでもないよっ!」
「へぇ~……。」
ジトっとした目でシンジを睨む。
もしシンジが『……まさかアスカがお願い聞いてくれるなんて思わなかった。』などと吐いていたら、アスカはビンタを当てて部屋に戻った事だろう。
「ま、いいわ。特別に聴かせてあげる。」
そう言って、アスカは血色の良い唇にハーモニカをつけた。



962 名前:起承転結も何もない掌編4[sage] 投稿日:2008/06/09(月) 16:34:27 ID:???

柔らかいメロディが夜空に流れる。
アスカは、自分でこんなにも綺麗で優しげなメロディを紡げるとは思わなかった。
そして、いつも滲む涙は、何故か浮かばない。
何故だろうと思う前に、演奏は終わった。

吹き終わって隣を見ると、シンジは目を瞑ったまま、ぱちぱちとまばらな拍手をしていた。
「……凄く、上手だった……。」
アスカはくすりと笑う。
「もっと何か言えないの?」
「……ごめん、上手だとかしか言えない……。」
シンジは苦笑いしながらアスカの顔色を伺う。
いつもはアスカに苛立ちしかもたらさないそれも、何故か少女は不快に思わなかった。
「ま、あんたにゃ期待してないわよ。」
「ごめん……。」
「ふん、もういいわ。戸締まりは私がしとくから、あんたはもう寝なさいよ。」
「あ……ごめんね、なんか邪魔したみたいで……。」



963 名前:起承転結も何もない掌編5[sage] 投稿日:2008/06/09(月) 16:35:43 ID:???

シンジが去ったあと、アスカは空を見上げていた。
ゆっくりと子守唄の一節を吹いてみる。
が、しかし、もう、あの優しげなメロディは流れなかった。
それは、綺麗だがどこか棘のある角張ったメロディだった。
そう、それはシンジが居て初めて奏でられたメロディだったのだ。
母を想った時の、悲しみを帯た物とは違う。

演奏には人の心が現れる。
気が立っていれば茨のような音がたち、心穏やかならば優しげなメロディが紡がれる。

そう、そういう事なんだ。

アスカは、かつて加持に聴かせた時との違いに、何故か不思議と狼狽は全くしなかった。
ただシンジを想い、ベランダの片隅で母のハーモニカを吹くだけだった。


終わり


16 名前:起承転結も何もない掌篇改め「荒野掌篇」[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 07:40:38 ID:???

NO.3
プールと坂とアスカ

惣流アスカの日課は僕が作った食事、僕が買ってきたスウィーツを食べること、
綾波から借りた本を読書すること、そして水泳だ。
僕はプールから10メートルは離れたところにある休息所でオレンジジュースを
飲んでいる。
このプールは市営のプールで予算が余っているらしくそこいらの市営に比べて格
段に立派な造りをしていた。
アスカは習慣のように毎日々々、50メートルプール10往復を必ずクロールで
泳いだ。
アスカはピッチリとした、競泳用のかなり本格的な水着を使っていた。
それでもアスカが綺麗に見えないとかそんなことはなく、むしろ凛々しく見えて
かなりかっこいい。


17 名前:荒野掌篇2[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 07:41:28 ID:???

そして宿命的な運命のように自分で決めた水泳ノルマを果たすとプールから上が
って、僕が待っていたテーブルの向かいに座る。
アスカが水分補給に飲むのは決まったメーカーの決まった清涼飲料水だ。
そんなところまで習慣化している。
僕は前になぜ徹底的に水泳を習慣化するのかときいてみたことがある。
その時のアスカの答えは、なにか一つ習慣を作れば日本みたいな効率的社会で有
利だとかなんとか、まあそういうことらしい。
だが、そのあとに聞いた僕を連れてきているのはなぜか、という問いには口をつ
ぐんでいたけれど。

「シンジも泳げばいいのに。」
「僕が泳ぎ下手なの知ってるじゃないか。」と僕はタオルを渡しながら言った。
「下手でも良いのよ。練習すればいいんだから。」
「じゃあ、アスカがおしえてくれるっていうの?」


18 名前:荒野掌篇3[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 07:42:46 ID:???

「うぅん……解らないわ。途中でキレちゃうかも知れないし。」
確かにそれはあるかもしれない。
僕は彼女よりもずっとどんくさいのだ。

 ◆

ある夕日の綺麗な帰り道だった。
その日もアスカはいつもと変わらず50メートルプールを10往復泳ぎ、決まっ
たメーカーの決まった清涼飲料水を飲んだ。
そしていつもと同じように僕が漕ぐ自転車の荷台に座っていた。

「ねえシンジ?」
「なに?」
アスカの柔らかい体が僕の体にぴたりと密着していた。
僕はその感触を意識しないようにしていたが、感じない訳にはいかなかった。


19 名前:荒野掌篇4[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 07:43:57 ID:???

「今からあたし、変なこと言うけど、訊いたりしないでよ。なにも考えないで、
聞いたらすぐ忘れて、あたしも忘れるから。自転車も漕ぎ続けて。」
僕は言われたとおりにした。
「あんたが好きだとおもう。」
道はちょうど下り道で、僕はブレーキレバーを軽く握っていた。
「あんたが好き。」
僕は、後ろを見たかったけれど出来なかった。
転びそうになったからだ。
「好き……。」
アスカの体が、胸が、腕が、僕の全身にぴったりと張り付いていた。
坂を下ると、僕達が住むマンションはすぐだ。
「忘れてよ。」とアスカは言った。「忘れてよ。」




20 名前:荒野掌篇5[sage] 投稿日:2008/07/11(金) 07:44:51 ID:???

「出来るはずないじゃないか!」
気が付くと、僕は坂の途中でブレーキを目一杯掛けていた。
ちょうど『宮坂』という表札が目に入った。
「漕いだら?」「でもッ!」「漕いでよ、お願いだから……。」僕には、アスカ
の声が震えているように聞こえた。まるで子リスのように。
僕は逆らわずにペダルを踏んだ。
自転車は滑らかに滑り出す。僕達とは、正反対だ。
アスカの体は、一層強く、僕の体に密着した。
「いいの、あたしはこのままで、この生温いのでいいのよ。」
僕のワイシャツは湿っているだろう。アスカは泣いているだろう。
だけど僕は言えない。
言えない、伝えられない。
伝えられるわけないじゃないか。僕なんか。
だけどアスカは不安なんだ。『嫌い』

僕はその時、唐突に理解した。
アスカは普遍のものがほしかったんだ。
変わることがない、僕との繋がりが、習慣が。

アスカアスカアスカ。
好きだと叫びたい。大声で叫びたい。
でも、僕とアスカが釣り合わないことは解ってる。僕にはアスカを幸せにする自信がない。

自転車は坂を下りきった。

「ありがとう。」僕にはそれしか言えなかった。







元スレ:
https://anime.5ch.net/test/read.cgi/eva/1108365579/