【葛城家の日常シリーズ】
【葛城家の日常】壱+弐 シンジ「福引き…当たっちゃったよ…」
【葛城家の日常 その肆+伍】アスカ「クーラー壊れた…」
【葛城家の日常 その陸】アスカ「ゴホッ!ゲホッ!」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 18:03:33.32 ID:7KCa1fpDO
 
シンジ「」ガアー ガアー

アスカ「」

シンジ「」ガアー ゴンゴン

アスカ「痛いわね、何すんのよ」

シンジ「掃除の邪魔なんだけど」ガアー ガアー

アスカ「無言でぶつける事無いでしょーが」

シンジ「見たら分かるだろ!早く退けてよ!」ガアー ガアー

アスカ「」スクッ

シンジ「」ガアー ガアー

アスカ「ついでにあたしの部屋も掃除機かけなさいよ」

シンジ「自分の部屋は、自分でやる決まりだろ」ガアー ガアー

アスカ「ケチ!」ゲシッ!

シンジ「いてっ!何すんだよ!」

アスカ「さっきのお返しよ」フンッ

スタスタ ガラッ ピシャッ

シンジ(くそ~、なんだってんだよ…)ガアー ガアー
 


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1365843813

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 18:06:54.45 ID:7KCa1fpDO
 
~~~~~~~~

コンコン

アスカ「何よ!?」

シンジ「ほら、掃除機!こっち終わったから、掃除機かけなよ!」

ガラッ

アスカ「イヤよ!めんどくさい!」

シンジ「先週からやって無いだろ!やんなきゃダメだよ!」

アスカ「いいの!まだ汚れて無いから!」


シンジ「ふ~ん…」

アスカ「な、何よ…」


シンジ「ダニ…湧いてるよ?」

アスカ「えっ!?だ、ダニ?」

シンジ「1メートル四方に、10000匹は湧いてるね、確実に…」

アスカ「げっ…そんなに居るの…?」

シンジ「も~ウジャウジャ」

アスカ「イヤあああ!!」

アスカ「ダニはイヤ!ダニはイヤ!ダニはイヤ!ダニはイヤあああ!」

シンジ「さっさと掃除機かける!」

アスカ「わ、わかったわよ…」シブシブ…


アスカ「」ガアー ガアー

シンジ「」

アスカ「」ガアー ガアー

シンジ「」

アスカ「いつまで見てんのよ!あっち行け!」

シンジ「わかったよ!」ピシャッ
 

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 18:08:23.32 ID:7KCa1fpDO
 
~~~~~~~~

アスカ「終わったわ」

シンジ「じゃ、中のゴミ見てみなよ、パカッとして」

アスカ「あん?めんどくさいわねぇ~」ガチャ

パカッ バササッ…

アスカ「あ…」

シンジ「ちょっ!なんでそこで開けるんだよ!普通ゴミ箱の上だろ!」

アスカ「分かんなかったのよ!うっさいわねぇ!」

シンジ「も~、ちょっと貸して…」ガチャ

シンジ「」ガアー ガアー

アスカ「」

シンジ「よし…」ガチャ

スタスタ パカッ バササッ…

シンジ「見なよこれ、これアスカの部屋だけで、こんなにゴミが集まったんだよ!」

アスカ「え…ウソ…?」

シンジ「本当でーす、僕がやった分はとっくに捨てたから」

アスカ「こ、これからはマメにやるわよ…」

シンジ「よろしい」


アスカ(なんかムカツク…)
 
 

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 18:10:29.41 ID:7KCa1fpDO
 
~~~~~~~~

アスカ「シンジ~、今夜のご飯何~?」

シンジ「今夜の当番はアスカだろ」

アスカ「あ、そうだった…」

アスカ「どーしよう、何も考えてなかった…」

シンジ「なんでも良いよ…パンでも良いし」

アスカ「ぶっちゃけパン飽きた」

シンジ「アスカ本当にドイツの血入ってんの?」

アスカ「あ、あんたバカぁ!世界一優秀なゲルマン民族を愚弄するき!?」

シンジ「誰もそこまで言ってないよ」

シンジ「て言うか、外国人だったら毎日パンでも問題無いだろ?」

アスカ「飽きるもんは飽きるのよ!あたしはご飯の方が好きだもん!」

シンジ「すっかり日本に染まったね、髪も黒く染めたら?」


アスカ「」ブチッ!

アスカ「あんたねぇ!なに今日に限って、あたしにケンカ売るような態度ばっかしてんのよ!!」ドカッ!

シンジ「いてっ!!」

シンジ「うるさいな!!もうアスカに遠慮しないようにするんだよ!」クルクル

アスカ「新聞なんて丸めてどうする気よ?」

シンジ「こうするんだよ!!」スパーン!
 

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 18:12:13.33 ID:7KCa1fpDO
 
アスカ「いったーい!何すんのよ!バカシンジ!武器を使うなんて卑怯じゃない!」

シンジ「武器じゃないよ、新聞だよーん」ペラッ バサバサ

アスカ「あああもう!あったま来た!」ムカムカ!

アスカ「ぶっ飛ばす!!」

シンジ「やるか!!」


アスカ「あんた…あたしが空軍大尉だっての、忘れてるでしょ…」ユラッ…

シンジ「そ、それがどうしたのさ!」

アスカ「一応格闘術極めてるのよね…」ボキボキッ

シンジ「あ…」サーッ…

アスカ「そこ動くな!!ギタギタにしてやるわ!!」バッ!

シンジ「うわあああああ!!」

アスカ「まてぇ!!バカシンジぃ!!」ダダダ!

シンジ「ゴメン!アスカ!ゴメンって!」ダダダ!

アスカ「許さん!!」




ギャアアアアア!!
 
 

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 18:13:58.51 ID:7KCa1fpDO
 
~~~~~~~~

ミサト「た~っだいまぁ~」

アスカ「ミサトお帰りー」

シンジ「オカエリナサイ…」ジュウ~

ミサト「ん?今夜の当番アスカじゃ無かったっけ?」

アスカ「いいのよ、バカシンジがあたしの当番分全部やるってから」


ミサト「あらそう…」

シンジ「ボクガヤリマス…ヤラセテイタダキマス…」ジュワ~

ミサト「シンちゃん、なんか元気無いわね…?」

シンジ「いえ、大丈夫です…ははは…」ボロッ…

ミサト「ちょっ!なにそのアザ!?どうしちゃったの?」

アスカ「バカシンジがあたしをコケにするからシメたのよ」




ミサト「」プルプル…

アスカ「まぁ、これだけシメとけば当分生意気な口も叩かなくなるわよね~♪」


ミサト「ア ス カ…」プルプル…

アスカ「ん?なによ?」

ミサト「なによじゃないでしょ!!ダメじゃない、こんなになるまでやったら!!」カッ!

ミサト「こっち来なさい!!」グイッ!

アスカ「な、なにすんのよ!」

ミサト「アスカみたいなおてんばな子はこうよ!!」バシッ!バシッ!バシッ!

アスカ「ぎゃあああ!痛い痛い痛い!お尻叩かないでえええ!」ジタバタ

ミサト「ダメ!反省しなさい!!」バシッ!バシッ!バシッ!

アスカ「わああああん!もうしないから許してえええ!」ジタバタ


シンジ「み、ミサトさん…もうその辺で…」オロオロ…

ミサト「こら!本当にもうしないか!?」

アスカ「はぁい…」グスッ…
 

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 18:16:27.64 ID:7KCa1fpDO
 
~~~~~~~~

アスカ「いただきます…」ヒリヒリ…

ミサト「いっただきまーす」

シンジ「今夜はチーズハンバーグにしたんです」

ミサト「チーズなんかどこにも乗って無いわよ?」

シンジ「切ってみてください」

カチャカチャ トロ~

アスカ「あ…中からチーズが出てきたわ…」

シンジ「デミグラスソースをたっぷり付けて食べてよ」

アスカ「うん…」パクッ モムモム…

ミサト「良いわねこれ、美味しいわ」モムモム…

シンジ「テレビで見て、真似してみたんですよ」ニコッ

ペンペン「クワッ!クワッ!」

シンジ「ペンペンは鰯だよ、ハンバーグは香辛料入ってるからね」

ペンペン「クワーッ♪」ングング

ミサト「そっか、カレー食べさせたらマズかったんだ」

シンジ「ダメですよ、だから具合悪くしちゃうんですよ」



アスカ「シンジ…」

シンジ「ん?」


アスカ「ご飯おかわり…」ソッ…

シンジ「うん、たくさん食べなよ」ニコッ

アスカ「あ、ありがと…///」


アスカ「あの…さっきはゴメン…やりすぎたわ…」

シンジ「いいよ、僕も言い過ぎたし、アスカ手加減してくれたじゃないか」ニコッ

アスカ「うん…///」




ミサト(あらあら、ケンカするほど仲が良いってね♪)クスクス




葛城家は今日も平和であった。


終わり

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 19:08:22.79 ID:7KCa1fpDO
 
【葛城家の日常その四】ミサト「おかしいわね…」

ミサト「お気に入りのパンツが無くなってるわ…」

ウロウロキョロキョロ

アスカ「鬱陶しいわね、なにウロウロしてんのよ」

ミサト「あ、アスカ、あたしのパンツ知らない?気に入ってたのが無いのよ」

アスカ「知らないわよ」

ミサト「おかしいわねぇ…」

シンジ「どうしました?」

ミサト「シンちゃん、あたしのお気に入りのパンツが無いのよ、知らない?」

シンジ「え?無くなっちゃったんですか?」

アスカ「あんた盗ってないでしょうね…?」

シンジ「と、盗らないよ!!なんてこと言うのさ!!///」

アスカ「怪しい…」ジトッ…

シンジ「ふざけ無いでよ!そんなことするはず無いじゃないか!!」プンスカ

ミサト「どこいっちゃったのかしらねぇ…」

シンジ「洗濯して干して、ちゃんと畳んで、いつも通り部屋の入口の脇に置きましたよ」

ミサト「そうよね~、おっかしいなぁ…」

アスカ「あ、あたしもなんか心配になって来たわ…」スタスタ…

ガラッ… ゴソゴソ…

アスカ「あああああ!!」

ダダダダタ!

アスカ「あたしのも消えてる!!一番可愛いやつ!!」

ミサト「ええっ!?」
シンジ「ええっ!?」
 

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 19:20:25.40 ID:7KCa1fpDO
 
アスカ「このエロシンジ!!白状しなさいよ!!あんたでしょ!!」ビシッ!

シンジ「ちょっ!待ってよ!!ホントに知らないよ!!」

アスカ「じゃあ他に誰が居るって言うのよ!!」

シンジ「そんなの分かんないよ!!」

ミサト「まぁ、待ってアスカ、シンちゃんの線は薄いわ」

ミサト「洗濯とかで常に扱ってるんだし、わざわざ盗ったりする必要も無いわよ」

アスカ「そ、それもそうね…」

シンジ(やめてよ…その理論はおかしいよ、まるで僕がオカズに使ってるみたいじゃないか…///)

シンジ(下着に欲情するような変態と一緒にしないでよ…///)
 

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 19:29:06.24 ID:7KCa1fpDO
 
ミサト「もしかして…下着泥棒?」

アスカ「外からの侵入者って事?」

シンジ「た、確かに夜は網戸だけで、窓開けっ放しですし…」

アスカ「警報器付いてんでしょ?」

ミサト「いえ、一々ベランダに出るのに切ったりするのが面倒だから、切りっぱなし」

アスカ「あんたバカぁ!?警報器の意味無いじゃん!!」

シンジ「と、とにかく警報器のスイッチ入れて様子見ましょうよ」

ミサト「そうね…そうしましょう」

アスカ「見つけたらフルボッコにしてやるわ!!」
 
 

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 22:57:44.17 ID:7KCa1fpDO
 
アスカ「シンジ、お腹すいたわ」

シンジ「あ、うん…晩ごはんにしようか」

シンジ「何食べたい?」

アスカ「オムライス!!」

シンジ「OK、わかったよ」

アスカ「ふわふわトロトロのヤツよ!」

シンジ「それって、意外とカロリーもコレステロールも高いんだよ?」

アスカ「か、かまわないわ…」

シンジ「じゃ、用意するよ」
 
 
~~~~~~~~

シンジ「卵は一人辺り4個位かな…」カシカシ パカッ…

アスカ「そんなに使うの?」

シンジ「たっぷり使わないと物足りないよ?」

アスカ「そうなの…」

シンジ「泡立て器で良く溶いて置くよ、あと砂糖と塩を少々…」カシャカシャカシャ…パラパラ…

シンジ「次にチキンライスを作るよ、具材は玉ねぎと鶏肉」

ミサト「グリーンピースは入れないでね?」

シンジ「わかってますよ!」
 


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 10:01:22.16 ID:vNeEbRtVo
 
シンジ「まず油で具材を炒めるよ、玉ねぎからね」ジュワ~

アスカ「バターじゃないの?」

シンジ「ん~、くどくなるから僕は普通の油使うなぁ~」

シンジ「卵の時は使うけどね、風味欲しいから」ジュワッ


シンジ「玉ねぎが飴色になって香りが立ったら鳥肉も入れるよ」ジャッジャッ

シンジ「鳥肉に火が通ったらマッシュルームを入れる…」ジュワッ

シンジ「そしてケチャップを入れて水分を飛ばすんだ」ジュブジュブ

アスカ「へ~、先に入れちゃうんだ…」

シンジ「こうして置くとベタベタにならないでパラリと仕上がるんだよ」


シンジ「次にご飯を入れるよ」ガバッ ジャッジャッ

アスカ「美味しそう…」グギュルル…

シンジ「よく混ぜて…仕上げに白ワインを少々…」チョロッ シュワ~

シンジ「ガーリックパウダーを少し入れると風味が出て美味しいよ」パサッ…

シンジ「よしっ、これで出来た」ジャッジャッ

アスカ「おおお…」ゴクリ

シンジ「型に詰めてお皿にあけるよ」ギュッギュッ パカッ


アスカ「もうこれで食べても良い感じ」

シンジ「もう少し待って、すぐ出来るから」

シンジ「卵を焼くよ、手早くしないと失敗するからね」

シンジ「バターを大匙一つ…」カン ジュゥゥ~

シンジ「溶いてあった卵を入れるよ」ジュワッ

シンジ「すぐに回すように掻き混ぜる」グルグル

シンジ「半熟になって来たら、形を整えて…」トントントントン

シンジ「焦がさないようにね」トントンポフポフ

シンジ「ほら出来た、すぐチキンライスの上に乗せて…」ソッ…

シンジ「卵の上を開いて…」チョイチョイ

パカ トロ~ン

アスカ「きたきた!これよこれ!美味しそ~♪」キャッキャッ

シンジ「ミサトさんの分もすぐ出来ますから」
 

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 10:02:29.92 ID:vNeEbRtVo
 
~~~~~~~~
イタダキマース

カチャ ハフッ モムモム…

アスカ「ん~ふわふわトロトロ~♪」

ミサト「美味しいわね~、お店のオムライスみたいだわ♪」

アスカ「ん?あんたの崩れてるわよ?」

シンジ「あ~、ちょっと失敗しちゃったからさ、僕が食べるんだ」

ペンペン「クワックワワッ!」

シンジ「ペンペンはサンマね」

ペンペン「クワッ♪」ングング


~~~~~~~~

ミサト「さて、もう寝る時間だけど、警報機入れとくから今夜は大丈夫だと思うわ」

アスカ「一応エサ撒いとこうか…」パサッ

シンジ「ちょっ…そんなトコにパンツ置くなよ!」

アスカ「いいのよ、履き古しだし」

ミサト「じゃあたしはストッキング置いとこうかな」パサッ


シンジ「もう…」


~~~~~~~~

???「」ゴソゴソ…

???「」ヒョイヒョイ…

???「~♪」 
 

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 10:03:43.31 ID:vNeEbRtVo
 
~~~~~~~~

アスカ「ああああああ!パンツ無くなってる!?」

ミサト「ホントだ…」

シンジ「警報鳴らなかったよ!?」


アスカ「やっぱり…」ジロッ

シンジ「な、なんだよその目は!?僕が犯人だって言うのかよ!」

アスカ「そうとしか考えられないじゃない!!他に誰が居るってーのよ!?」

シンジ「違うよお!!僕じゃないよ!!」


ミサト「はぁ~…シンちゃん…こうなったら正直に…」

シンジ「み、ミサトさんまで僕を疑うの?酷いよ!!」


プシュー

ペンペン「クワックワックワ~♪」ペタペタ ズルズル…


アスカ「ん?ペンペン何か引きずってるわよ?」

ミサト「え?あれあたしのストッキングじゃない!?」


アスカ「ま、まさか!」ピッ  プシュー

アスカ「あああ!!あたしのパンツ!!」

ミサト「ウソっ!?」ガバッ


ミサト「ほ、本当だわ…あたしのもある…」

アスカ「犯人はペンペンだったのね…」チラッ
 
 
 

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 10:06:08.76 ID:vNeEbRtVo
 
シンジ「」ゴゴゴゴゴコ


アスカ「あ、あの…シンジ?」タラッ…

ミサト「シンちゃん…落ち着いて…」タラッ…


シンジ「…クモ…ヨクモ・・・」ゴゴゴゴゴ

シンジ「よくも犯人扱いしてくれたなああああああ!!!」ドッカアアアアアン!!!

アスカ「ゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさい」ガクガク
ミサト「ゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさい」ブルブル

シンジ「そこに正座しろおおおおおおおおお!!!」


アスカ「はい…」ペタン
ミサト「はい…」ペタン


シンジ「はぁ~はぁ~…僕はもう怒ったからね…」プルプル


ミサト「ど、どうしたら許してもらえるかしら…?」


シンジ「ミサトさんは向こう一カ月間ゴミ出しとトイレ掃除と買い物当番一人でやってもらうから!」

ミサト「はい…」ショボ~ン


シンジ「アスカはリビングと廊下と玄関とお風呂掃除だよ!!」

アスカ「は~い…」ショボ~ン


シンジ「よ~く反省してよ!!」


ミサト「トホホ…」
アスカ「トホホ…」

 


葛城家は今日も平和であった。


終わり


続き
【葛城家の日常 その肆+伍】アスカ「クーラー壊れた…」



元スレ

タイトル:【葛城家の日常その参】シンジ「」ガアー ガアー

URLhttps://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365843813/