エヴァLAS小説サイト

エヴァンゲリオンのLAS小説(シンジ×アスカ)やssをまとめているサイトです。リンク集には、まだ現存しているLAS小説サイトを見つけられる限り、置いておきますのでそちらもぜひよろしくお願いいたします。

    タグもしくはカテゴリにLASがない場合はLAS要素なしです。

    LAS

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2010/07/15(木) 10:57:44.03 ID:oZNV4H350
    ミサト「そ。 ネルフ医療本部からはショックで精神年齢が低下したとの報告がきてるわ」

    シンジ「あの・・・ミサトさんいくつか質問があるんですけど・・・」

    ミサト「なぁにぃ~? なんでも聞いてちょうだいっ」

    シンジ「か、回復の見込みは・・・」

    ミサト「それならノープロブレムよシンちゃん。 精神パルスは緩やかにだけど順調に上昇しているから一時的な退行ですって」

    シンジ「そっか・・・よかった・・・あと、もう一つ質問いいですか?」

    ミサト「? まだ何かあるの?」

    シンジ「えっと・・・・なんでそのアスカがここにいるんですか?」


    アスカ「・・・・・・?」キョトン

    【<LAS>シンジ「使徒の精神汚染でアスカが幼児退行!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2010/09/19(日) 12:41:41.18 ID:nTYHE1pq0
    使徒「フォォォォォ」

    アスカ「きゃっ?!」

    ドボーーーーンッ

    シンジ「アスカ!」

    マヤ「弐号機、水没しましたっ。こ・・・これは!?」

    青葉「水面が謎の発光! 何か浮かび上がってきます!!」

    リツコ「なに?」


    美女「―――私は、芦ノ湖の精です」

    【<LAS>精霊「貴方が落としたのはHなアスカ?女らしいアスカ?」シンジ「え」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2017/10/10(火) 17:00:03.52 ID:TrZWhGNQ0
    <葛城邸・リビング>

    シンジ「…………………。」ハァ...
    【<LAS>アスカ「だいじょうぶの笑顔。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2016/11/27(日) 20:07:00.89 ID:UKMKFdzq0
    ミサト「ええ、あと二週間でアスカはドイツに帰るわ」

    シンジ「何でですか?ミサトさん!せっかくアスカが日本に慣れてきたのに」

    ミサト「何でって、シンちゃんが一番分かってるでしょう?もう使徒はいないの、アスカが日本にいる意味はないわ」

    シンジ「でも..そんなのって..」

    ガチャッ

    アスカ「ただいまー」

    ミサト「おかえりー」

    ミサト「シンちゃん、この話はあまりアスカの前ではしないでね」ヒソヒソ

    シンジ「わかりました...」ボソッ

    アスカ「バカシンジ!ご飯!出来てるの?」

    シンジ「あっ、ごめんまだ作ってないや、今から作るね..今日はアスカの好きなハンバーグだよ」

    アスカ「分かってるじゃないの!じゃあ待ってるわね!」

    シンジ「うん」

    トントン

    アスカ「シンジ~」

    シンジ「うわぁっ!アスカ、なんで台所に?」

    アスカ「やっぱり料理手伝おうかなって」

    シンジ「珍しいね..アスカが」

    アスカ「何よ?嫌なの?」

    シンジ「ううん、嬉しいよ」





    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480244820

    【<LAS>シンジ「アスカがドイツに帰るだって!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2017/10/01(日) 01:00:30.92 ID:KTwkh5cQ0

    シンジ「アスカ、そんな格好で寝てたらお行儀悪いよ...」

    アスカ「うるさいわね、バカシンジ!あんたはあたしの保護者かっての!」

    シンジ「で、でも、ミサトさんにも注意されて」

    アスカ「今日はミサトは帰ってこないからいーの!さっさとお風呂沸かす!」

    シンジ「わ、分かったよ、ちょっと待ってね...ん?」カタカタッ



    【<LAS>シンジ 「 倒壊した建物の隙間に閉じ込められた、アスカと二人で 」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2017/10/02(月) 04:20:07.17 ID:kwMdc99j0
    <葛城邸・ダイニング>

    アスカ「福引券?なにこれ。」

    シンジ「うん、なんて説明したらいいのかなぁ。商店街の客引きって言えばいいのかな?」

    アスカ「ふーん。ようは大型スーパーに客を取られないように景品で客を釣るってワケね。涙ぐましい努力じゃない。」

    シンジ「あんまり身も蓋もないこと言っちゃダメだよ、アスカ。」

    アスカ「なによ、身も蓋もないってことはそれが真実ってことじゃない。で、なにが当たるのかしら?」ピラッ



    【<LAS>シンジ「帰ろうよ、アスカ。僕たちの家に…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)00:37:48 ID:waa
    アスカ「どういうことよミサト!」

    ミサト「チルドレンの遺伝子をより濃く残そう、ってことらしいわ。悪いけど上層部の決定なのよね」

    アスカ「そ、そんないきなり言われたって!ほらシンジもなんとか言いなさいよ!」

    シンジ「」

    ミサト「まあ今すぐに、って訳じゃないのよ?フフ、それにあんたたちだってまんざらでもなかったりするんじゃなーい?」

    アスカ「な、なにバカなこと言ってんのよ!もういい!帰るわよシンジ!」

    シンジ「」

    ミサト「帰ったらお風呂いれいてね~」

    【<LAS>アスカ「はぁ!?バカシンジと結婚!?」シンジ「」】の続きを読む

    このページのトップヘ