エヴァLAS小説サイト

エヴァンゲリオンのLAS小説(シンジ×アスカ)やssをまとめているサイトです。リンク集には、まだ現存しているLAS小説サイトを見つけられる限り、置いておきますのでそちらもぜひよろしくお願いいたします。

    タグもしくはカテゴリにLASがない場合はLAS要素なしです。

    新世紀エヴァンゲリオンss

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2018/05/16(水) 18:02:24.19 ID:mEI1LUBF0
    アスカ「…………ん……」

    アスカ「……いたい……っ?」ムクッ

    アスカ「……?ここ、どこよ?」

    アスカ(あたしは、確か……弐号機の中に居たはず)

    アスカ「……?あ!ここ、あたしがドイツに居た時に使っていた部屋じゃない!」

    アスカ「けどなんでこんな所に?」

    アスカ(えーっと、確か……弐号機に乗って、戦自と戦って……)

    アスカ(その後量産機と……っ)ゾクッ

    アスカ「……あたし、死んじゃった?」

    アスカ(となるとここは天国?でも、なんでこの部屋なのよ……)

    アスカ(ん……?)

    アスカ「今日は6月21日?って……この日、確か……」

    アスカ「第三の使徒が襲来した前日、よね」

    アスカ「……この卓上時計が間違ってる可能性は……無いわね、ネットワークを利用してた気がするわ」

    アスカ「……使徒、エヴァ」

    アスカ「っ!そうよ!弐号機!……ママっ!」


    プロローグ『アスカの補完計画』



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526461343

    【アスカ「強くてニューゲーム」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2017/10/10(火) 17:00:03.52 ID:TrZWhGNQ0
    <葛城邸・リビング>

    シンジ「…………………。」ハァ...
    【<LAS>アスカ「だいじょうぶの笑顔。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2016/11/27(日) 20:07:00.89 ID:UKMKFdzq0
    ミサト「ええ、あと二週間でアスカはドイツに帰るわ」

    シンジ「何でですか?ミサトさん!せっかくアスカが日本に慣れてきたのに」

    ミサト「何でって、シンちゃんが一番分かってるでしょう?もう使徒はいないの、アスカが日本にいる意味はないわ」

    シンジ「でも..そんなのって..」

    ガチャッ

    アスカ「ただいまー」

    ミサト「おかえりー」

    ミサト「シンちゃん、この話はあまりアスカの前ではしないでね」ヒソヒソ

    シンジ「わかりました...」ボソッ

    アスカ「バカシンジ!ご飯!出来てるの?」

    シンジ「あっ、ごめんまだ作ってないや、今から作るね..今日はアスカの好きなハンバーグだよ」

    アスカ「分かってるじゃないの!じゃあ待ってるわね!」

    シンジ「うん」

    トントン

    アスカ「シンジ~」

    シンジ「うわぁっ!アスカ、なんで台所に?」

    アスカ「やっぱり料理手伝おうかなって」

    シンジ「珍しいね..アスカが」

    アスカ「何よ?嫌なの?」

    シンジ「ううん、嬉しいよ」





    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480244820

    【<LAS>シンジ「アスカがドイツに帰るだって!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2017/10/02(月) 04:20:07.17 ID:kwMdc99j0
    <葛城邸・ダイニング>

    アスカ「福引券?なにこれ。」

    シンジ「うん、なんて説明したらいいのかなぁ。商店街の客引きって言えばいいのかな?」

    アスカ「ふーん。ようは大型スーパーに客を取られないように景品で客を釣るってワケね。涙ぐましい努力じゃない。」

    シンジ「あんまり身も蓋もないこと言っちゃダメだよ、アスカ。」

    アスカ「なによ、身も蓋もないってことはそれが真実ってことじゃない。で、なにが当たるのかしら?」ピラッ



    【<LAS>シンジ「帰ろうよ、アスカ。僕たちの家に…」】の続きを読む

    このページのトップヘ