エヴァLAS小説サイト

エヴァンゲリオンのLAS小説(シンジ×アスカ)やssをまとめているサイトです。リンク集には、まだ現存しているLAS小説サイトを見つけられる限り、置いておきますのでそちらもぜひよろしくお願いいたします。

    タグもしくはカテゴリにLASがない場合はLAS要素なしです。

    タグ:新世紀エヴァンゲリオンss

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆hWMDndfuJ2 2015/04/27(月) 21:56:07.31 ID:uTYwrJN6O

    リツコ「人間が本能的に落ち着くのは寝床の匂いだって言われているの」

    アスカ「へー」

    リツコ「布団やベッドは特に匂いを吸収しやすいから、その匂いを嗅ぐと落ち着くのよ」

    アスカ「で?」

    リツコ「エヴァとのシンクロ率を高めるためにLCLの匂いを布団の匂いにしようと思うんだけれど、あなたの布団の匂いを」

    アスカ「却下、冗談じゃないわ」

    リツコ「ま、そうでしょうね」

    アスカ「っていうか私の布団は無臭よ。匂いなんか計測も採取もできないわよ」

    リツコ「どうかしら、自分の匂いって案外気がつかないものよ。特に寝ている時の匂いなんて」

    アスカ「どうでもいいわよ!話はそれだけ?こんな下らないことで呼び出さないでよね、ったく…」

    プシュッ

    アスカ「……本能的に落ち着く、か…」

    アスカ「……」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430139367

    【<LAS>アスカ「さて、今日もシンジの布団に私の匂いを付けなくちゃ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/15(日) 00:37:34.48 ID:juMqcVdf0


    シンジ「カラオケ…ですか?」

    ミサト「そうよ!一週間後、ある催しが行われるわ……そう、ネルフでは毎年行われる恒例行事、その名も『夏だよ!ネルフだらけの紅白歌合戦!』」

    アスカ「夏だよって言うけど昔と違って夏しか来ないじゃない!あーやだやだ、一昔前の世代の人間のネーミングセンスは」

    ミサト「聞きなさい2人とも。この大会はただの身内のカラオケ大会じゃないのよ。なんと商品も出るの…」

    シンジ「商品?」

    ミサト「なんと碇司令が可能な範囲で望んだ願いを叶えてくれるのよっ!!」

    シンジ(あの人が主催か!)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426347454

    【アスカ「fly me to the moonをデュエット?」ミサト「そうよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 13:58:50.30 ID:zhjwyYd50
    シンジ「……えぇ?」

    シンジ「なんだよこれ、なんでアスカが僕の布団で寝てるんだよ」

    シンジ「アスカ~……?」

    シンジ「……でも起こしたら殴られそうだなぁ」

    シンジ「…………」

    シンジ「いたずらしたくなってきた」

    【<LAS>シンジ「アスカが僕の布団で寝てる……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/18(月) 22:40:48.64 ID:MtyFNYPN0
    シンジ「え、なんで?」

    アスカ「嫌だから」

    シンジ「頼むよアスカ。アスカしか頼れる人がいないんだ」

    アスカ「……」

    シンジ「アスカ?」

    アスカ「嫌よ」

    シンジ「そんな……」

    【<LAS>シンジ「僕の恋愛相談に乗ってほしいんだ」アスカ「嫌」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2012/12/04(火) 22:58:09.44 ID:JOVegcwY0
    シンジ「今日トウジとケンスケと話してたんだけどさ、アスカって見た目だけ女の子で中身は全然女らしくない」

    アスカ「はぁ?具体的にどこがよ?」

    シンジ「家事はしないし料理も作れない、おまけに自分の部屋は僕が掃除してもすぐに汚すし、ペンペンの世話もろくに出来ない」

    アスカ「ミサトだってそうじゃない!」

    シンジ「それでもミサトさんは僕がここに来る前は自分で切り盛りしてたよ」

    アスカ「うぐ…」

    【<LAS>シンジ「アスカってあんまり女らしくないよね」アスカ 「はぁ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2012/11/24(土) 10:53:49.86 ID:Dbon30EU0
    ゲンドウ「入れ」

    ミサト「お呼びでしょうか碇司令」カツカツ

    ゲンドウ「…」

    冬月「葛城三佐」

    ミサト「はっ」

    冬月「…君にはチルドレンの監督保護を任せているが、様子はどうだね?」

    ミサト「はい、現在のところ目立った問題は見られません。日常生活は順調。定期的なシンクロテスト、メディカルチェックにも異常は無く…」


    ゲンドウ「くっつけろ」


    ミサト「……………………は?」


    冬月「あの二人を、恋仲にしたまえ」

    【<LAS>ミサト「アスカとシンちゃんを全力でくっつけてみた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/08(火) 18:40:06 ID:9sA6H.OM
    ミサト「そうみたいね~」

    シンジ「ア・・・アスカは元に戻るんですか!?」

    ミサト「う~ん、それがわかんないみたいなのよね」

    シンジ「そんな・・・」

    ミサト「ってゆー訳で、シンちゃん、アスカをよろしくね♪」

    シンジ「え!?なんで僕なんですか!?」

    ミサト「いや~リツコもお手上げで」
       「治す方法もわかんないし」
       「まぁシンちゃんなら愛の力でなんとかしてくれるかな~と」

    【<LAS>シンジ「記憶喪失……ですか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2012/12/01(土) 23:11:23.65 ID:gyf3aFsRP
    HN:料理犬

    こんにちは!
    第3東京市住みの中学二年生で、エヴァンゲリオン初号機のパイロットやってます!

    なかなか人と上手く馴染むことの出来ない僕だけど、メールならと思いきって、書きこんでみました。
    出来れば女の子のメール相手募集します! よろしくおねがいします!

    アドレス↓

    boku-shinji@kodomo.ne.jp





    アスカ「……」

    【<LAS>アスカ「メル友募集掲示板……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【<LAS>アスカ「今日も来てやったわよ、バカシンジ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:16:12 ID:Ku8nbM8k
    ~ある日曜日~

    アスカ「シンジ~」

    シンジ「何?アスカ?」

    アスカ「今日お昼いらないから~」

    シンジ「何処か行くの?」

    アスカ「うん、ショッピングセンターでデートぉ♪じゃ、行ってきます」ガチャ

    シンジ「デート?委員長と?」

    アスカ「鈴原と」

    シンジ「ふ~ん、行ってらっしゃい。車に気をつけてね」

    アスカ「アタシは子供か!?」バタンッ


    シンジ「~♪」

    シンジ「トウジと!?」

    【〈LAS〉アスカ「鈴原とデートしてくるわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/26(月) 20:16:06.75 ID:ynaXWy870

    ~ミサトの家~

    アスカ「バカシンジィ、何してんの?」

    シンジ「んー?ゲームだよ」

    アスカ「あんたってゲームするんだ」

    シンジ「その言い方酷くない?……..」

    アスカ「で、何のゲームしてんの?」

    シンジ「ウイニングイレブンっていうゲーム」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474888566

    【<LAS>シンジ「半端ないゴールだね」 アスカ「えぇ、半端ないわね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: LAS小説保存ブログ 2012/12/08(土) 20:37:11.66 ID:8NQEX2ssP
    ミサト「シンジ君って癒し系よね」

    シンジ「なんですか、それ」

    ミサト「一緒にいると心が安らぐってことよ」

    シンジ「はぁ」

    ミサト「嬉しくない?」

    シンジ「実感がありませんから」

    ミサト「まぁ、自分自身じゃ分からないものよね」

    シンジ「はい」

    【シンジ「癒し屋シンジ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ