エヴァLAS小説サイト

エヴァンゲリオンのLAS小説(シンジ×アスカ)やssをまとめているサイトです。リンク集には、まだ現存しているLAS小説サイトを見つけられる限り、置いておきますのでそちらもぜひよろしくお願いいたします。

    タグもしくはカテゴリにLASがない場合はLAS要素なしです。

    LAS

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 02:15:38.06 ID:O3pusapn0
    -自宅-

    アスカ「あ~ぁ、今日も疲れた。もう寝ようっと!」

    シンジ「……」

    アスカ『シンジのやつ…なんか今日はずっと元気ないわね…。まぁいいや』

    シンジ『…母さん……』


    -翌朝-


    アスカ「シンジ、学校に遅れるわよ。早くしなさいよね」

    シンジ「ご、ごめん、今行くよ…」

    ミサト「二人ともいってらっしゃーい」

    アスカ「行ってきます」

    シンジ「いって…きます…」

    バタン

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387041337

    【<LAS>アスカ「あ~ぁ、今日も疲れた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/28(月) 22:16:04.10 ID:dAHLAq5q0
    ―ネルフ―


    シンジ「僕は・・・嫌だっただけなのに・・・」


    シンジ「だから断っただけなのに・・・」


    シンジ「なんでなんだろ・・・」


    シンジ「・・・ねぇ、綾波はどう思う?」


    レイ「・・・どうして私にそんなこと聞くの?」


    シンジ「綾波しか・・・こういうこと話せる人・・・いないから・・・」

    【<LAS>シンジ「なんでアスカ、怒ったんだろ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 23:23:59.70 ID:/HFlgBQ40
    ネルフ本部

    ミサト「はいシンジ君 アスカ レイにプレゼントがあります」

    シンジ「いきなりですね」

    アスカ「もちろんいい物なんでしょうね」

    ミサト「もっちろんいい物よ なんと・・・碇指令からのプレゼントですから」

    シンジ「と・・・父さんから!?」

    アスカ「・・・へぇあの指令がプレゼントか・・・そんな柄には見えないけど」

    ミサト「とりあえず渡すわ まずシンちゃんから はい」

    シンジ「・・・・ミサトさんこれってお年玉ですよね?」

    ミサト「そうよ?ポチ袋がお年玉以外であるはずがないじゃない」

    アスカ「なぁにお年玉って?」

    シンジ「まぁ・・・日本の文化というかなんというか・・・あっ風習だよ」

    アスカ「ふぅ・・・ん日本人はお金を上げるのが好きなのね」

    ミサト「あらアスカはいらないのかしら?」

    アスカ「あぁん!貰う!貰うわ!」

    【<LAS>シンジ「・・・お年玉か・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 00:41:55.94 ID:3xZNmKczI
    リビング

    ミサト「そ。提出期限迫ってるでしょ?」

    シンジ「ミサトさん知ってたんですね…」

    ミサト「あっったり前よ!……で、あなた達ちゃんと考えてる?」

    シンジ「…」

    アスカ「…」

    【<LAS>アスカ「進路調査?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/04(火) 19:31:46.88 ID:0D2TEvbzP
    アスカ「そこ右よ」

    シンジ「……」ピコピコ

    アスカ「そっちは左」

    シンジ「……」


    アスカ「そうじゃなくて、看板の裏」

    シンジ「……」ピコピコ

    アスカ「あ、そこ、隠しアイテムあるから」

    シンジ「……」


    シンジ「……」ピコ

    アスカ「……あーあ、死んじゃった」

    【<LAS>シンジ「アスカが僕の部屋に入り浸る……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/09(水) 23:46:56.11 ID:9nxpkv9E0
    アスカ「ヘッドセット・インターフェースが故障!?」

    リツコ「ええ、おそらく原因は内部に水が入ったのが原因ね。一応防水仕様にはしてあるけど純粋な水やL.C.L以外のものを浴びすぎると内部に支障をきたすわ。何か心当たりは?」

    アスカ「…つけたまま昨日お風呂に入った事くらいしか」

    リツコ「それね。水道水には微量の塩素が入っているわ。」

    アスカ「予備は?」

    リツコ「あいにく髪留め型のものは無いわ。シンジ君やレイが付けてるカチューシャ型しか。」

    アスカ「」

    リツコ「貴女のは特注だから予備がないのよ。それに上との関係もあるし」

    リツコ「一応カチューシャ型のを渡しておくわ。一応私から上の方には掛け合っておいてあげる。運が良ければ生産出来るでしょうね」スッ

    アスカ「…わかったわ、とりあえずはこれで我慢しておく」パシッ

    リツコ「不満そうな顔をしているけど壊したのは貴女よ。これからはもっと大切に扱いなさい」

    アスカ「はい」

    【<LAS>アスカ「髪型どうしよう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 14:43:01.61 ID:g8mVpaA10
    アスカ「……」モジモジ

    ミサト「おめでとう」

    リツコ「おめでとう」

    ゲンドウ「おめでとう」

    冬月「おめでとう」

    青葉「おめでとう」

    日向「おめでとう」

    マヤ「おめでとう」

    レイ「おめでとう」

    シンジ「逃げちゃダメだ……逃げちゃダメだ……逃げちゃダメだ……」

    【<LAS>マヤ「妊娠検査薬パターン青!!間違いありません!おめでたです!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:22:45.85 ID:Kp6LT6xt0
    アスカ「アンタ、それ・・・どういう意味よ・・・」

    シンジ「そのまんまの意味だよ」

    アスカ「・・・私はアンタのモノじゃない」

    シンジ「わかった・・・ゴメン、アスカ」

    アスカ「!!」

    シンジ「・・・!!」

    アスカ「ぐ・・・くぅ・・・」

    シンジ「・・・!!」

    アスカ「ぎ・・・がっ・・・」

    シンジ「・・・!!!」

    アスカ「・・・の・・・ぎ・・・・!!」

    シンジ「・・・!!!!」

    アスカ「・・・て・る・・・」

    アスカ「ご・・・や・!!!」

    アスカ「ごろじでやる!!!」

    【<LAS>シンジ「アスカが全部僕のモノにならないなら僕は何もいらない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/16(水) 15:06:39.43 ID:r7AhNrQU0
    アスカ「ねえシンジ、何か面白いこと無い?」

    シンジ「え? いや、特になにもないけど」

    【<LAS>シンジ「今日も平和だなぁ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【<LAS>シンジ「38.2℃か・・・学校は厳しいかな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/23(月) 22:14:16.22 ID:93vjnB/70
    葛城宅

    アスカ「ちょっと、バカシンジ」

    シンジ「なに?」

    アスカ「こんな高カロリーなものダイエット中の私が口にするわけないでしょ、下げて」

    シンジ「でも、もう作ったし……」

    アスカ「なに?文句でもあるわけ?」ギロッ

    シンジ「な、ないけど……」

    アスカ「早く作り直してね。部屋で待ってるから」

    シンジ「う、うん」

    ミサト「……」

    【<LAS>シンジ「……だまれよっ!!」バンッ! アスカ「ひっ」ビクッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き被検体774号+ 2013/03/03(日) 17:33:06.55 ID:XxB+KD7z0
    シンジ「もう卒業するなんて信じられないや」

    アスカ「そうね、使徒全部倒したし、戦自の襲撃もなんとか防いだし、大変だったわね」

    シンジ「学校の思い出あんまないや…」

    アスカ「…」

    シンジ「最初の方はトウジやケンスケ、委員長とかと仲良くなって楽しかったな」

    アスカ「…そうね、よくバカやってたわね~」

    【<LAS>シンジ「ついに明日卒業式か…」】の続きを読む

    このページのトップヘ